アトピー持ちで仕事、つらいですよね。


アトピー持ちの皆さん、毎日働くのしんどくないですか?
わたしは、小さい頃から重度のアトピーですが、
社会人になって1年目から、ものすごく悪化しました…。

顔〜首回り・肩まで真っ赤に腫れ上がり、
身体中から粉がふいてしまい、
パジャマや下着は血だらけで、
毎朝起きるたびに、心底泣きたくなりました。
朝の通勤だけでも、めちゃくちゃしんどかったです。

そんなしんどい期間は、1年半ほど続きました。
あまりにも苦しくて、
今思うとあやしい、高額な健康食品や石けんに手を出してしまったこともありました。
でも、効き目はまったく感じられず…。

結局は、とにかくストレスを減らそうと考え、
新卒で入社した会社を辞めて、転職をしました。
転職をしたことで、体力的にも精神的にも、ものすごく楽になって、
たった数週間で、アトピーはだいぶ改善しました。

もちろん、それで治るわけではありませんが、
真っ赤に腫れ上がったり、下着が血だらけになることはなくなりました。
朝になって、「ああ今日もひどい…」とうんざりすることもなく、
「通勤やだな…汗かいてひどくなる…」と悲しくなることもなくなりました。
今も、信頼できる病院に通院しながら、アトピーと付き合っています。

この記事では、はじめの会社でなぜアトピーが悪化していったのか、
転職してから、どうして改善していったのか、紹介したいと思います。
あやしげなアトピー向け商品の売り込みはしませんので、ご安心を!!

いま、アトピーで仕事がしんどい…辞めたい…という方の参考になれば嬉しいです。


つらかったこと① 外回り営業

新卒で証券会社に入社したわたしは、
一日中ずっと、外回りで、飛び込み営業をしていました。

猛暑でも、雨でも、雪でも、ひたすら外回り。
いま思うと、アトピー持ちのわたしには、
明らかに向いていない仕事でした。
汗をかいて、日焼けをして、アトピーの肌はみるみるボロボロに。
とくに、顔や首回りがボロボロだったので、
肩のあたりが、皮膚のかけらですぐ真っ白になりました。
わたし、なんて汚いんだろう…と毎日落ち込んでいました。

ただ、それでも、すぐに「仕事を辞める」という選択肢は浮かびませんでした。
一つは、アトピーを言い訳にしたくなかったこと。
当時は、仕事の成績がものすごく悪く、それが悔しくて、
「まずはちゃんと仕事で成果を上げた」
「アトピーを言い訳にしてはいけない」という思いがありました。
新卒で入社したばかりで、ものすごく真面目だったんです。

また、その会社は新卒での入社が大半を占めていて、
「どんな人間でも、やる気さえあれば、営業でいい成績を上げることができる」
と、繰り返し教えられました。
初めの3ヶ月で100回は言われたと思います。

いま振り返ると、営業なんて、どう考えても向き不向きがあると思うんですが、
当時は会社に染まっていました。
また、先輩の中には、見るからにアトピーでも、好成績を挙げて社長賞を取っている人がいたので、
「自分もがんばるしかない」と思い込んでいました。

つらかったこと② プレッシャーと人間関係

わたしは新卒で入社して、
仕事が本格的にスタートしてすぐ、アトピーが悪化しました。

アトピーが悪化した原因としては、
外回り営業という、身体的なストレスだけでなく、
仕事のプレッシャーや人間関係の、精神的なストレスも大きかったです。

まずは、営業職だったので、とにかく売り上げがすべてという世界。
どんなに汗をかいて、ボロボロになるまで働いても、
売り上げがなければ、「一日何してたの?」と言われるような職場でした。
これは、めちゃくちゃしんどかったです。

同期が数字を上げていく中、わたしはなんと、初めの1ヶ月以上1円も売れませんでした。
毎日、会社に行くのがつらくてつらくて、
そこにアトピーの悪化が重なって、毎朝起きるのが本当にしんどかったです。

さらに、会社の人間関係でも苦労しました。
証券会社の支店に配属されていたのですが、
当たり前のように「上司には逆らえない」「先輩がエライ」という雰囲気でした。

わたしはそれまで、高校・大学と、わりと自由な環境で生きてきたので、
何を言われても「はいわかりました」、
毎日同じような自慢話をされても「すごいですね」、
というのは、とても苦痛でした。
その会話のときは、そこまでストレスに感じないのですが、
毎日積み重なっていくことで、無意識のうちにストレスがふくらんでいきました…。

さらに、支店では「営業の売り上げがすべて」だったので、
すごく尊敬できる先輩がバカにされていたり、
人の悪口ばかり言っている先輩がちやほやされていたりと、
耐えられない光景が、毎日繰り広げられていました。
成績が良ければパワハラもOK、
周りの社員は仲間ではなく顧客を奪い合う敵、
という古い体質の雰囲気に、どんどん心がやられていきました。

いま思うと、ストレスの影響が大きかった。

こうして振り返ってみると、
身体的なストレスよりも、
精神的なストレスの方が大きかったな、と思います。

重いストレスがのしかかる日がつづくと、
アトピーはどんどん悪化していきます。

まず、すっきり気持ちよく眠れない。
寝付くまでに何時間もかかりますし、
そのあいだに身体中をかきむしってしまい、
さらに眠れなくなります。

そして、寝付いてからも、眠りが浅く、
途中で起きてしまったり、
眠りながらひどくかきむしったりしてしまいます。
朝起きると、寝る前よりアトピーが悪化している…ということもよくありました。

しっかりリラックスして熟睡しないと、
引っかき傷も治らないし、
湿疹も腫れも良くならないんですよね…。

そして、日中も、ストレスでイライラがつづくと、
つい身体中をかきむしってしまいます。
かさぶたが剥がれたり、白い皮膚のかけらが大量に発生したりして、
そのたびに、心の底から悲しくてしんどい気持ちになりました。

そんな毎日の繰り返しで、
アトピーが悪化していくのは、あっという間の問題でした。
それから1年半、波はありつつも、苦しい毎日が続きました。

そして、1年半経ったある日のこと。
あまりにもアトピーがひどくて、
仕事自体もしんどすぎて、
もうこのままこの会社で働き続けたら人生真っ暗だ…と、転職活動をすることを決めました。
ずっと耐えてきたストレスが、ついにピークを超えてしまったんです。

そして、「もう絶対にこの会社を辞めるんだ」と決め、転職活動をスタート。
なんと、1ヶ月以内に転職先を見つけました。

とにかく口コミを調べて、
「人間関係が良さそうなこと」
「仕事のストレスが少なそうなこと」
「お給料が下がらないこと」
を基準に申し込んで、面接を受けました。

新卒で入社して1年半、
第二新卒だったので、経験は問われず、
完全に未経験の仕事につくことができました。

年を重ねるほど、経験を問われて、
今の仕事から逃れられなくなるので、
早いうちに、あの会社から逃げ出すことができて、本当に良かったです。

転職して改善したこと① 外出が少ない・服装が自由

まず、転職して改善したこと。
外回りの飛び込み営業ではなく、
お客様からの要望があれば訪問する仕事に就いたので、外出がぐんと減りました。
外出がつづく場合も、約束をして訪問するので、
屋外に長時間いる、ということはありません。
そのため、汗をかいたり日焼けしたり…ということが減りました。

毎日、会社の中で、
自分のデスクでリラックスして仕事ができる、というのはものすごく快適です。
さらに、服装も自由で、
Tシャツにジーンズ、というような人もたくさんいる職場なので、
肌に普段が少ない、ラフな格好ができるようになりました。
初めの職場はスーツだったので、
身体への負担はものすごく減って、一気に楽になりました。

転職して改善したこと② 重圧が少ない上に、人間関係が良い

転職して、いちばんよかったこと。
とにかくストレスが減りました。
営業職ではない仕事についたので、
売り上げへのプレッシャーはなくなりました。

そして何より、新しい職場は、
「みんなで協力しあって仕事をしている」という、
ものすごく当たり前のことが共有されていました。
そのため、悪口を言い合ったり、足を引っ張ったりするのではなく、
それぞれが気持ちよく働けるように、気遣い合う雰囲気が広がっていました。
今では、それって当然のことだよな…と思うんですが、
当時は、ものすごく感動しました。

そうやって働いていると、
以前のようにイライラを引きずることがないので、
夜は、ぐっすり眠れるようになりました。
これが、アトピーの症状にはいちばん良かったと思います。

夜ぐっすり眠って、日中はリラックスして働いて…というのを繰り返すと、
アトピーは、予想以上に改善していきました。
なんだ、あやしい健康商品や化粧品よりも、
ストレスのない環境を作るのが一番だったじゃないか…と痛感しました。

結論。

あのとき仕事を辞めて、わたしは本当に楽になりました。
アトピーが完治した!というわけではありませんが、
ちゃんと信頼できる病院に通って、薬を塗っていれば、
あまりアトピーのことで落ち込んだり、イライラしたりせず、
気持ちよく働いたり、遊んだりできるレベルまで、改善しました。

通勤途中に、肌をかきむしってボロボロになったり、
朝起きて、血だらけでがっかりすることはなくなりました。

本当に、環境を変えて良かったな、と。
今も、当時の自分に感謝しています。

アトピーがつらくて、仕事がつらくて、
もうどうしようもない…とゆううつな毎日を送っている人、たくさんいると思います。
いろんな選択肢があると思いますが、
ぜひ、仕事を変えるという選択肢も、考えてみてください。
ストレスが減って、緊張が取れて、よく眠れるようになると、
予想以上に、アトピーはよくなると思います。

ここで、よく眠れるハーブティーでも売り込みたいところですが(笑)、
それよりも、そもそものストレスを取り除くのが、何よりも良いです。

転職で重要なのは、企業側の宣伝よりも、
そこで働いている人たちの口コミを重視すること。
転職サイトだと、最近は企業側の宣伝文句だけでなく、
働いている人の口コミを読めるサイトも増えています。

特に見やすくておすすめなのは「キャリコネ」。
普通の転職サイトは、企業側の宣伝がメインですが、
この「キャリコネ 」は、転職情報と一緒に、働いている人の口コミを読むことができます。
いろんなウェブサイトを探して、
あっちで転職情報、こっちで口コミ…という手間が省けます。

また、どうしても転職できない事情があるという人は、
メンタルクリニックのようなところに行って、
睡眠を改善する方法を相談する、というのも一つの手です。

あきらめずに、でも無理はせずに、
ストレスを少しずつ取り除いていきましょう。
わたしは、アトピーが悪化していた当時、
「もうこんな毎日嫌だ…」と毎朝泣きたい気持ちをおさえて通勤していました。

でも、そんな日々は、ちゃんと終わりました。
そんな日々を、永遠につづける必要はありません!!